<< 街頭犯罪の発生件数で大阪がワー... 【同盟弱体化】第2部 普天間問... >>

国際化学オリンピック 日本代表の高校生4人を発表(毎日新聞)

 日本化学会化学教育協議会などは2日、世界の高校生が化学の知識と応用力を競う「第42回国際化学オリンピック」の日本代表4人を発表した。大会は7月に東京で開かれ、国内での開催は初めて。

 代表に選ばれたのは、昨年の大会で金メダルを獲得し2回目の出場となる神奈川・栄光学園高校3年、遠藤健一さん(17)のほか、▽滋賀県立膳所高校2年、浦谷浩輝さん(16)▽東京・筑波大学付属駒場高校3年、片岡憲吾さん(17)▽兵庫・灘高校2年、斉藤颯(はやて)さん(16)。

 4人は、国内3078人の中から選考試験を経て選出された。大会には、過去最高の70カ国・地域から280人が参加する予定。実験試験と筆記試験が各5時間実施される。

 日本化学会化学会館(東京都千代田区)で開かれた記者会見では、ノーベル化学賞受賞者で化学五輪日本委員会の野依良治委員長が「他国の同世代のライバルと切磋琢磨(せっさたくま)し、一方で友情をはぐくむのは意義がある」とあいさつ。また、遠藤さんは「昨年が金でプレッシャーはあるが、それをバネにして頑張りたい」と話した。【藤野基文】

【関連ニュース】
国際生物学五輪:生物大使に女優の忽那汐里さん

文科OB天下り2社 理研の20、21年度委託9件 すべて「1社応札」(産経新聞)
フィルム紛失3千万円賠償、財団法人が写真家に(読売新聞)
高校無償化法が成立 4月1日施行(産経新聞)
首相動静(4月6日)(時事通信)
<損賠提訴>自転車欠陥で転倒 障害残った男性、輸入元を(毎日新聞)
[PR]
by 6o8jhjpdac | 2010-04-08 09:44
<< 街頭犯罪の発生件数で大阪がワー... 【同盟弱体化】第2部 普天間問... >>