ライターつけたら…千葉の交番で爆発 原因は天然ガス?(産経新聞)

 5日午前0時15分ごろ、千葉県大多喜町猿稲の県警勝浦署大多喜幹部交番の1階男子トイレで男性警部補(51)がライターに火を付けたところ、突然、爆発した。警部補が顔と両手に軽いやけどを負ったほか、トイレの天井も焼いた。

 同署によると、周囲に不審物はなく、充満した天然ガスに引火、爆発した可能性があるとみて調べている。警部補は当直勤務中だった。

 大多喜町など房総半島南部の地下には天然ガスが埋蔵されている。平成16年7月には同県九十九里町の「九十九里いわし博物館」で、2人が死傷する爆発事故も起きている。

【関連記事】
自殺中止でガス爆発 思いとどまり…うっかりタバコに火
ガス爆発?アパート全焼し1人死亡 福島・矢吹町
カセットこんろ爆発 5年で135件8人死亡
アキバにテロ防止ゲート登場!? 爆発物探知の実証実験を実施
ガス爆発?民家全焼し高齢夫婦が死傷 岡山・玉野

津波の避難者少なく「反省点」官房長官 チリ巨大地震(産経新聞)
女子高生が行方不明=事件の可能性も−長崎(時事通信)
民主・小林氏「申し訳ない」進退明言せず(読売新聞)
高校無償化、除外に反対=都内の朝鮮学校視察−社民(時事通信)
<上申書保険金殺人>元ブローカーの無期懲役確定へ(毎日新聞)
[PR]
# by 6o8jhjpdac | 2010-03-09 21:23

北教組事件 書記長ら資金捻出か 解散先送りで一時は資金難にも…(産経新聞)

 昨年8月の衆院選をめぐり、民主党の小林千代美衆院議員(41)=北海道5区=側が北海道教職員組合(北教組)側から総額1600万円の違法な選挙資金を受け取ったとされる事件で、資金提供は小林氏側が北教組側に要求して始まり、北教組書記長の小関顕太郎(54)と会計委員の南部貴昭(52)の両容疑者が北教組内でプールしていた裏金から捻出(ねんしゅつ)していたことが2日、関係者への取材で分かった。札幌地検は裏金づくりが組織的に引き継がれていた疑いがあるとみて調べている。

 北教組委員長代理の長田秀樹容疑者(50)と小関、南部両容疑者は、札幌地検の任意の事情聴取に応じておらず、逮捕後の取り調べにも黙秘や否認しているという。

 札幌地検の調べによると、小関、南部両容疑者は平成20年12月〜21年5月、3回にわたり計1200万円を、また、長田、小関、南部の3容疑者は21年7月、400万円を、それぞれ小林氏の選挙対策事務所の会計担当で自治労北海道財政局長の木村美智留容疑者(46)に、違法に提供した政治資金規正法違反(企業・団体献金の禁止)の疑いが持たれている。

 関係者によると、小林氏陣営は20年9月20日、福田康夫首相(当時)の退陣表明を受け、年内の衆院解散、総選挙のムードが高まったことから北海道江別市内に選挙事務所を開設した。

 事務所の家賃は約30万円で、車やファクス、コピー機なども借り、毎月の維持費は100万円前後に達した。しかし、麻生太郎首相(当時)が解散に踏み切らないため、陣営は深刻な資金難に陥ったという。

 このため、陣営幹部の間では一時、事務所の閉鎖も検討されたが、「一度看板を下ろすとイメージが悪い」として、事務所を維持して選挙準備を続けた。

 しかし、資金繰りは年を越せない状況にまで悪化し、同年11月下旬ごろ、木村容疑者が、陣営の選対委員長だった北教組の委員長(昨年6月死去)に「事務所の維持費が足りない」と相談。木村容疑者は、小林氏が代表を務める民主党第5区総支部の副幹事長として総支部の会計も担当していたが、「民主党本部からも金をもらえない」と訴え、資金提供を求めたという。

 これを受け、小関、南部両容疑者は、公立学校で主任教員に支給される「主任手当」などを組合員に拠出させて北教組内でプールしていた裏金から資金を捻出。委員長が約1週間後に札幌市の北教組本部事務所で現金400万円を木村容疑者に渡したという。

 委員長はこのほかに21年5月までに800万円を木村容疑者に提供。委員長の死去後の同年7月、木村容疑者は長田容疑者に「資金が足りない」と資金提供を要請し、選挙事務所で別に400万円を受け取ったという。

 木村容疑者は札幌地検の調べに対し、「1600万円は表に出せない金だと思ったので、普段使わない口座に入れて管理していた」と供述しているという。

【関連記事】
北教組事件で問われる民主の体質 「労組ぐるみ選挙」が常態化
北教組幹部逮捕で民主・小林氏「今後の推移を見守りたい」
小沢氏、小林氏進退「本人が決めること」 北教組資金提供
自民、小林千代美議員の参考人招致を要求 北教組事件、衆院予算委で
「選挙は逮捕覚悟」 裏金の7割は幹部の飲み代 北教組元組合員
黒船か? 電子書籍の衝撃 揺れる出版界

気仙沼では10センチの津波(時事通信)
女性殺害 検視は「病死」 茨城県警 解剖で骨折判明、捜査(産経新聞)
膣委縮症治療薬でライセンス契約―塩野義製薬(医療介護CBニュース)
<津波>国内で最大1.2メートル観測 3万8000人避難(毎日新聞)
官僚対象に「政策グランプリ」=提案募り11年度予算に採用−行政刷新相(時事通信)
[PR]
# by 6o8jhjpdac | 2010-03-08 13:20

<人事>警察庁(毎日新聞)

 警察庁(12日)通信施設課長(京都府警情報通信部長)牛田克己▽情報技術解析課長(情報管理課情報処理センター所長)村田利見

オフミック点眼液の一部を自主回収―わかもと製薬(医療介護CBニュース)
聖福寺の池改修事業が完成=福岡〔地域〕(時事通信)
電気機関車 EF510を公開 ブルトレけん引の新型車両(毎日新聞)
ハワイに津波到達 高さ1・5メートル チリ大地震(産経新聞)
<津波>航空機70機など出動 自衛隊が情報収集などで(毎日新聞)
[PR]
# by 6o8jhjpdac | 2010-03-06 18:02

病腎移植、2例目となる手術実施 宇和島徳洲会病院(産経新聞)

 徳洲会グループは3日、愛媛県宇和島市の宇和島徳洲会病院で、腎臓がんの妻から摘出した腎臓を慢性腎不全の夫に移植する臨床研究2例目となる病腎(修復腎)移植手術を万波誠医師(69)の執刀で実施した。

 同病院によると、手術はこの日午前から始まり、妻から腎臓を摘出。がんを切除するなど腎臓を修復した後、夫へ移植した。手術時間は準備などを含め約7時間。がんが、血管が集中する部分にあったため時間がかかったという。

 親族間での初の移植となったが、夫婦の術後経過について万波医師は「いまのところうまくいっている」と話した。

 夫婦は福岡県内に住むいずれも50代。2月に妻の腎臓から直径約4センチ以下のがんが見つかり、夫が慢性腎不全で人工透析を受けていたことから、夫婦で病腎移植手術を希望した。

【関連記事】
妻から夫へ病腎移植、摘出手術始まる 宇和島徳洲会病院
73歳女性、病腎移植めぐり市を提訴
病腎移植名誉毀損訴訟 万波医師側、録音テープ提出へ 松山地裁
病腎移植再開 執刀医が記者会見 「捨てる腎臓の再利用であり、いいことだ」
病腎移植再開 臨床研究第1例目 宇和島徳洲会病院
黒船か? 電子書籍の衝撃 揺れる出版界

立川の居酒屋で店員殴り40万円奪う(産経新聞)
<官房長官>天皇陛下の公的行為「ルール作り困難」政府見解(毎日新聞)
シンクレア ZX81
津波 東北3県で12万7064世帯に避難勧告や指示(毎日新聞)
インフル流行、警報地域無くなる―患者数4週連続減(医療介護CBニュース)
[PR]
# by 6o8jhjpdac | 2010-03-05 01:56

党幹部の辞任を促す 河野太郎氏メルマガで、審議拒否は「ばかげたスタンドプレー」(産経新聞)

 自民党の河野太郎衆院議員は2月28日夜に配信したメールマガジンで、長崎県知事選の勝利を受けて国会審議の拒否を決めた党幹部の辞任を求めた。

 2月22日から3日間で終わった審議拒否を「全くばかげたスタンドプレーだ」と批判。その上で「党内の多数は審議拒否に反対なのに、強引に審議拒否を始めた責任者の処分は避けて通れないだろう。(22日)朝の党役員会は、谷垣禎一総裁が欠席戦術を承認したというお墨付きを与えることになってしまった。総裁の人心一新の決断が求められる」と迫った。

 さらに「政治とカネの話は、国会の外でゆるまずにやればよい。国会の中ではあくまでも政策議論をするべきだ。自民党は新しく、人も変わり、明日の日本を任せられる政策を議論できる政党だということを示さなくてはならない」と訴えた。

【関連記事】
異端児・河野氏「頑張れ国母」 服装問題、自民内で賛否
「舛添、河野氏の登用を」菅元総務相、自民執行部に注文
「河野太郎総裁」なら離党しなかったかも
孫社長、国会議員26人にツイッターの効用を熱弁
「河野グループ」結成? 新世代保守を確立する会

皇太子さま50歳 「さらなる自己研鑽を」(産経新聞)
<ストーカー容疑>ノエビア元副社長を逮捕へ 別の女性にも(毎日新聞)
「お年寄り狙いやすい」ひったくり容疑で中学生逮捕(産経新聞)
インダストリアルデザイナー 皆川正氏死去(産経新聞)
松島の遊覧船が運航見合わせ(読売新聞)
[PR]
# by 6o8jhjpdac | 2010-03-03 14:45